ポイントカード・メンバーズカードの作成・印刷、システム導入に特化したリーバルの情報セキュリティ基本方針です。

情報セキュリティ基本方針

TOP > 情報セキュリティ基本方針

リーバル株式会社がお客様にご提供するCRMシステムを中核とした全てのサービスは、
以下に定められた情報セキュリティ基本方針に従い、情報資産の機密性・完全性・可用性を確保します。
当社は情報サービスに携わる企業の規範となるべく、関係者全てが本セキュリティの趣旨を理解し、
情報セキュリティの堅牢性を総合的、体系的に維持することに努めます。

目標

誰もが安心・安全に利用できるICT社会の発展のため、本セキュリティ方針と全社的マネジメントシステムとの機能的融合により業務プロセスの標準化及び可視化の仕組みを構築する。その構築によって情報のリードタイム並びに経営判断の迅速性を促し、顧客満足度の向上を実現する。

適用範囲

本セキュリティ基本方針が対象とする「情報資産」とは当社が業務上知り得た全ての情報とし、この情報資産を扱う従業員を含む関係者全てに本セキュリティ基本方針を適用します。

行動指針(3つの対策)

「人的セキュリティ」
全従業員に対して定期的かつ継続的な情報セキュリティに関する教育・訓練を行う。
「物理的セキュリティ」
関係者以外の不正立入を防ぐ環境並びに施設そのものの品質(災害対策)を確保する。
「技術的セキュリティ」
当社の情報資産が許可されていない者へ開示されないよう、不正アクセスからの保護やコンピュータウィルス対策を実施する。

法令及び社内規定の遵守

全従業員は、情報資産に関連する法令及び規制や契約、並びに社内規定を遵守します。

継続的改善

上記の取り扱いにつきましては、法制度や社会情勢、また監査結果等に応じて継続的に見直し改善に努めます。

2010年2月1日
代表取締役 飯塚 善彦